日光街道 街道を歩く その7 歴史を訪ねる シニアの健康ウォーキング 幸手→栗橋

街道ウォーク
photo by ゆう
スポンサーリンク

日光街道 その7 幸手→栗橋

日光街道その7は、幸手→栗橋を歩きます。
距離は16,8Km、所要時間3:58時間 19,974歩、消費カロリー1401kcal

※画像はクリックすると拡大でご覧いただけます。

※スマホでも読みやすいように、改行が多くなっております。PCでは少々見づらくなっていることをご了承願います。

幸手宿→南栗橋

幸手宿の見どころは前回すべて訪ねたので、幸手一里塚跡先の「追分を左」、旧日光街道を進みます。しばらく歩くと内国府間(うちごうま)の交差点、こちらで国道4号線と合流となります。

内国府間村は幕府領だった所、左手の長い参道を進むと村の鎮守の「八幡神社」があります。御神燈は新旧6基も供えられており、社殿もシンプルながらもスマート、絵馬も掛かっています。大きな神輿庫もありました。

幸手宿終わりの追分を左へ
内国府間 八幡神社

この先は桜の名所「権現堂堤」、中川の手前の堤には「明治天皇権現堂堤御野立所」碑。明治天皇に許可を頂き行幸堤となった由来が書かれた説明書きがあります。堤防沿いは公園になっており、散策路も整備されています。

行幸堤之碑
堤防沿い散策路
日本橋から50km

日本橋から50km、古河まで14kmの道路標識を確認。50kmが一つの節目なのですが、日光街道も無事ここまで歩いてきたことに感謝しながら、中川の手前を左方向へ進み「常福寺」へ向かいます。

本尊は薬師瑠璃光如来、目くしゃれ薬師といわれ、目や歯の痛みにご利益があるそうです。加齢とともに、目と歯の不具合は大なり小なり発症します。私も例外ではありませんので、しっかりお賽銭を納めてお参りしていきます。境内にある「庚申塔」は1675年建立で市内の庚申塔の中でも古いものの一つとありました。

常福寺 本堂
古い庚申塔

街道に戻り、土手には多くの自然が残る中川の「行幸橋」を渡ります。左手の旧日光街道方面へ進み、東武日光線を横切って進むと「高須賀大杉神社」。夏祭りは伝統芸能大杉ばやしが演奏され神輿が巡行します。創建は不明ですが、時代を経た石仏石碑が数多く立ち並び歴史を感じる神社でした。

行幸橋
高須賀大杉神社

街道を「筑波道追分道標」まで進みます。1775年に建てられたもので、右つくば道、左日光道と刻まれています。道標に鎮座する地蔵尊からも古い物だと分かります。日光道を進みますのでここは左へ、昔の旅人も頼りにしてたことでしょう。今も昔も、街道も人生も道標は大切ですね。

内国府間から外国府間に入り鎮守の「雷電社湯殿社合殿」が見えてきました。こちらも青面金剛像をはじめ古い石仏が多く祀られており、古くからの歴史が続いている地区であることが分かります。

筑波道追分道標
雷電社湯殿社合殿

街道は小右衛門村に入ると、鎮守の「小右衛門下組八幡神社」が田んぼの真ん中にぽっかりと現れます。何とのどかな光景でしょう、向かいには「小右衛門一里塚跡」で現在は昭和初期に移築された弁天堂が建てられています。塚の形態と広さは当時の規模ということです。

お隣には真言宗「真光寺」があり一里塚を管理されているようです。こちらの寺院は明治時代に開校された愛敬学校遺跡碑や200年近く前に建立の「青面金剛像や如意輪観音像」が見られます。

小右衛門下組八幡神社
小右衛門一里塚跡
青面金剛像や如意輪観音像

国道4号線から一段下の小路を進みガードをくぐります、左に行けば南栗橋駅です。「蔵が2つある古民家」を見ながら更に進み「新幹線のガード」をくぐり、国道と合流となります。すぐ先、「第一劇場の二股」を左に旧街道は分かれます。

南栗橋→栗橋駅

蔵が2つある古民家
前方に新幹線のガード
第一劇場の二股

右側、階段を登り鳥居の先には「川通神社」の社殿が見えます。古い常夜燈や力石もあり高台になっているようです。街道は栗橋宿の南側近くまでゆっくり右にカーブして続きます。

「会津見送り稲荷」の赤い鳥居が右手に見えてきました。会津藩士が大事なものを忘れてしまいます。困っている時に助けてくれた老人は実はキツネの化身であった。そのことが、後で分かり稲荷様を祀ったと地元で伝えられているそうです。稲荷の隣には栗橋宿の名物であった粟餅を売る店が江戸時代にはあったらしいですが、残念ながら今は影も形もありませんでした。足も疲れてきて、何だか甘いものが欲しくなってきました。

川通神社
会津見送り稲荷

街道には「木柱の道標」が建てられており、焙烙地蔵は左とあります。祠がありました、「焙烙地蔵」は関所を無断で通過して火あぶりの刑に処された人を供養するため、憐れんだ人々が建てたもの。街の人は、その年に生まれた子供の名前を書いた焙烙を納める祭りを行っているとあり、お堂の中には焙烙がたくさん納めてありました。

木柱の道標
焙烙地蔵
お堂の中には焙烙が

日本橋から七番目の宿場、「栗橋宿」に入ってきました。本陣、脇本陣、旅籠屋25軒があった街道は真っすぐ続きます。右手の「小林畳店」さんは「御宿場印」販売所になっています。静かな街並みでいい感じ、ホッとします。

栗橋宿 街道
小林畳店
御宿場印

街道沿いの真宗のお寺「顕正寺」には市の指定有形文化財、鎌倉時代の作といわれている「木像阿弥陀如来立像」がいらっしゃいます。開基は出家し親鸞聖人に弟子入り「唯信」と名を改めた幡谷次郎信勝。常陸の国幡谷の城主だった武将です。

この地を開墾した池田鴨之介の墓があります。池田家は代々栗橋宿の本陣役を務めた家で子孫は淑徳女学館を設立するなど教育に尽力をそそぎました。境内には、くりはし八福神の「毘沙門天」も祀られています。

顕正寺
毘沙門天

お向かいは1617年開山の浄土宗寺院「浄信寺」。秀忠公が日光参拝途中、利根川が増水となりました。その際、舟橋の安全を身体を張って確保した梅澤太郎右衛門の墓があります。こちらにも八福神の「寿老人」が祀られています。

くりはし八福神とは久喜市観光協会が主催する七福神に吉祥天を加えたふるさと巡礼企画。ルートマップも用意されているので新春に改めて巡ってみるのもいいですね。七福より八福とはお目出度い。

浄信寺
寿老人

すぐ奥には1615年開基、浄土宗の「深廣寺」。こちらの市指定文化財「六角名号塔」は高さ3,6メートルもある大きな供養塔。6面に南無阿弥陀仏と刻まれ、その数21基もあります。二代住職「単信上人」が伊豆より大石を船で持ち帰ったもので1654年より1656年に建立されたとあります。これだけ並ぶと壮観ですね、それも江戸時代に伊豆から運ばれたと聞くと有難みも増します。こちらにもいらっしゃいました、八福神は「恵比寿様」。

深廣寺
恵比寿様
六角名号塔

街道を利根川に向かって進むと「築地塀が残っている旧家」がありました。京都とか公家を連想させる、なかなか見ることが出来ない貴重な景観。栗橋駅入口交差点を左折すると朱色の祠にお地蔵様が祀られています。

築地塀が残っている旧家
お地蔵様の祠

すぐ先に「福寿院」があります。江戸後期に、日本各地で念仏を伝え歩いた徳本上人が書いた「徳本名号塔」があり、丸みを帯びた独特の書体で「南無阿弥陀仏」と刻まれています。こちらの八福神は「福禄寿」でした。

福寿院
福禄寿

街道を利根川土手付近までやってくると「栗橋関所跡」。石碑があり、利根川を越す房川渡に設置されたことから、対岸の中田と併せて「房川渡中田関所」と呼ばれたとあります。1624年に番士四人が置かれ、1869年まで廃止まで二百五十年も続いた関所。「入り鉄砲に出女」って習った記憶と厳しかった歴史の先生の事は今でも思い出します。

栗橋関所跡
旧街道沿いの古民家

堤防下の「見事な大谷石の蔵」を見ながら利根川土手に上っていくと、栗橋宿の総鎮守「八坂神社」の広々とした境内が見えてきます。狛犬が守りを固め、鳥居の扁額には亀、その先には更に狛鯉が社殿を守っています。

見事な大谷石の蔵
八坂神社 狛犬と狛鯉
狛鯉には亀も

この狛鯉が浮かぶ波間には亀も彫られていました。なんでも利根川の波間に鯉と泥亀に囲まれた神輿が流れてきて引き上げてみると、元栗橋に祀られている八坂神社の神輿だったという由来があるそうです。

神社のすぐ先から利根川の雄大な眺め、遠く筑波山も見ることが出来ます。一言、大きい、さすが日本三大河川。

八坂神社 社殿
利根川と筑波山

土手脇の階段を宿場の方へ下ると、「関所番士屋敷跡」があります。定員は四人で二組に分けて、午前六時から午後六時まで五日間交代で勤務していたそうです。発掘調査はされていますが、屋敷跡は残っていません。

すぐそばの「経蔵院」は貞観年代の慈覚大師の創建。義経の愛妾、静御前は奥州にいる義経を慕って旅に出ましたが途中で悲報を聞きます。落胆のあまり病気になり、この寺で養生に努めましたが生涯をとじることとなりました。

関所番士屋敷跡
経蔵院 門

侍女の琴柱は髪をおとし、西向尼と名乗り京都嵯峨野より静を弔うため、御持仏の地蔵菩薩を持ち帰ったとあります。この本尊は乾漆地蔵菩薩立像で、頭部と両足以外は和紙と漆で作られた日本で三体だけという貴重な市の有形文化財となっています。

隣は香取神社。社殿前のイチョウは樹皮が剥がれて痛々しい姿ですが、立派に沢山の葉を茂らせています。かなりの老木で、風雨や雷にさらされてきたと思いますが、この姿は勇気をもらえますね。

経蔵院 本堂
香取神社

本日はここまで、最後に栗橋駅前にある「静御前の墓所」へ向かいます。静は義経討死の悲報を聞いて、仏門に入り義経の菩提を弔いたいと京都へ戻ろうとしました。しかし、病気になりこの地で死去したと伝えられています。侍女が遺骸を葬りましたが、墓のしるしの無いのを哀れんだ関東郡代、中川飛騨守忠英が「静女之墳」の墓碑を建立したと考えられているそうです。

静御前の墓
静女之墳

京都神泉苑での雨乞いの舞で見事の雨を降らせた静、褒美に後鳥羽上皇から「蝦蟇龍」(がまりょう)の錦の舞衣を賜ったとあり、は古河市の光了寺に保存されているそうです。境内には江戸の歌人坐泉作を村人が1806年に建立した「舞う蝶の 果てや夢みる 塚のかげ」という歌碑があります。

NHKの大河、「義経」(2005年)では義経は滝沢秀明、静は石原さとみさん、まだ記憶に新しい「鎌倉殿の13人」(2022年)では義経は菅田将暉、静は石橋静河さんが見事な舞を披露してくれました、時代を感じます。

静御前の墓所
坐泉の歌碑

目の前には手造り和菓子屋「三笠屋」の看板。さすが墓所の前だけあって、静まんじゅう、最中静御前があります。これは、寄らない手はないですね。最中はゆずと栗の二種で久喜市商工会からの推奨状のお墨付き。お店の奥様も気さくな方で色々説明して頂きました。草もちもピカピカで美味しそうなので、併せておみやげに購入。

手造り和菓子 三笠屋
最中 静御前 草もち

栗橋駅前は銀色に輝くモニュメントがありモダンな造り、JRと東武鉄道の2路線が乗り入れています。日光道中の街道歩き、ここ数回は東武鉄道さんを利用させて頂きました。今回はJR宇都宮線、湘南新宿ラインで新宿方面へ、乗り換えなしで帰ります。駅構内に入ると義経と静御前がようこそ久喜市へと出迎えてくれます。こちら顏出しパネルになっていますが、さすがに自分の顔を入れる勇気はありませんでした。

栗橋駅
義経と静御前がお出迎え

次回は下総国の古河城下、江戸から9番目の古河宿へ向かいます。戦国時代は古河公方の本拠地でもあった古河は見どころも多そうで楽しみです。

甲州街道 中山道 東海道 kindle本作ってみました

Kindle Unlimited 会員の方は無料でご覧いただけます。よろしくお願いいたします。
↓↓リンクからサンプルもご覧いただけます↓↓

⇩ 東海道

https://amzn.to/3RbQ1bd

⇩ 甲州街道

https://amzn.to/3Kp7NUT

⇩ 中山道

https://amzn.to/4aKw1Dy
タイトルとURLをコピーしました