老後の生きがい

老後の生きがい老後の生きがい

セカンドライフをどう楽しむか?楽しみが無い人生はつまらないもの。

老後の生きがい、楽しみの一つとして欠かせないのが食べる楽しみです。
若い時とは違った食の楽しみ方があるはず、食に関する深堀を楽しみたいと思います。

青春時代の想いでは誰にでもある財産です。昔を思うことはシニアにとって大切なエネルギー。
私たち昭和世代には高度成長期からバブルを経て現在に至るまで沢山の出来事がありました。
音楽1つとっても、語りたい方がたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。
昔懐かし喫茶店で美味しいコーヒー飲みながら思い出の曲を聴くひと時なんて最高ですね。
昭和ノスタルジー、心地よいひびきです。思い出を掘り起こしていきましょう。

また、新しい体験、夢や目標の実現、仲間とのコミュニケーション、若い世代のサポートなどアクティブシニアとして、歳は取っても存在感ある生き方も追求していきたいものです。
新たなビジネスへのチャレンジ、地域での貢献活動、経験や技術能力を生かしたボランティア活動など社会にも参加し関わっていきたいですね。

老後の生きがいは人によって違うと思います。
定年後の生活は誰にも文句は言われないし、何からも束縛されることはありません。
自分が好きな事、興味があることを精一杯楽しめばいいじゃないでしょうか。
パートナーと一緒に楽しむことが出来れば、なお素晴らしいことですね。

横浜中華街ランチ

横浜中華街 ランチを楽しもう その22 慶福樓 康華楼 聘珍茶寮・ザ・カフェ 

おすすめランチは、横浜中華街でも異国情緒漂う市場通りから「慶福樓」さん、玄武門近くの隠れスポットの「康華楼」さん、ランドマークとしても有名な善隣門下のコーヒーが美味しい「ザ・カフェ」さんを紹介します。干しエビを使った料理は中華街ならでは、本場の麻婆なすも味わいます。あの聘珍樓さん経営のカフェも必見。
横浜中華街ランチ

横浜中華街 ランチを楽しもう その21 茘香尊 東林 モリバコーヒー

中華街大通り、メインストリートを少し離れたところにも穴場スポットがあるのが中華街の懐の深いところ。今回ご紹介するのは、家庭的な味で勝負のビジネスランチに欠かせない価格もリーズナブルな「茘香尊」さんと「東林」さんです。午後のコーヒータイムに気軽に利用できる玄武門横のカフェも併せてご紹介。
横浜中華街ランチ

横浜中華街 ランチを楽しもう カレー特集 7選

中華街でカレーという選択もありなんです。専門店で食べているカレーとは違った作り立てのスパイシーさとお店によって違う味付けが楽しめます。中華料理とカレー粉の歴史も古く、カレー料理はシェフの腕の見せ所でもあります。
横浜中華街ランチ

横浜中華街 おすすめランチ まとめ10選 PART4

横浜中華街、お得で美味しいランチ特集。シーリーズでご紹介してきたお店は40店舗を超えました。PART4ではシリーズ16から20までの11店舗をご紹介しています。PART1.2.3と合わせてご覧ください。きっとあなたのお望みのお店が見つかります。
横浜中華街ランチ

横浜中華街 ランチを楽しもう その20 興口福 許厨房 CHILLULU COFFEE

地元ビジネスマンにも人気の関帝廟通りにある「興口福」さん、上海路に改装オープンした、オーナー師父の店「許厨房」さん、中華街で美味しいハンドドリップのコーヒーが味わえる「チルルコーヒー」さんのご紹介です。今回でシリーズ20回目、すでにご紹介したお店は40店舗を超えました。
横浜中華街ランチ

横浜中華街 ランチを楽しもう その19 翠香園 鳳林 ホフブロウ

今回も横浜中華街のおすすめランチ。広東料理と元祖中国銘菓の「翠香園」さん、アットホームな雰囲気が人気のオーナーシェフの店「鳳林」さん、異国情緒漂う港ヨコハマらしさが漂うビアレストラン「ホフブロウ」さんをご紹介します。カニ玉、鶏肉カレー、スパピザ、どれも自慢の逸品です。
横浜中華街ランチ

横浜中華街 ランチを楽しもう その18 揚州飯店 三和樓 幸せのパンケーキ

回を重ねてもう18回、ビジネスランチとしてのご紹介店舗も40店舗を超えてきました。今回は中華街大通りにある上海料理を中心として四大中国料理を提供している老舗の揚州飯店、関帝廟通りの上海料理こちらも老舗三和樓、幸せのパンケーキ中華街店をご紹介します。エビチリと貝柱玉子が食欲をそそります。
昭和ノスタルジー

ユーミン万歳! 50周年

シニアにとって青春時代の想い出は生きる活力、特に失恋や別れのシーンは今でも胸がキュンとなりますね。ユーミンはそんな多くのシニアが寄り添ってきた偉大なアーティスト、曲と共に詩と共に懐かしいむかしが甦ります。70歳も目の前のユーミン、ユーミン万歳50周年の記念アルバムを発売しました。元気をもらいましょう。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました