読書と学び

定年小説・ノウハウ本

シニアライフ、小説に学ぶ豊かな老後 ・・・ 第3弾は 「終わった人」内館牧子

「終わった人」の感想です。内館さんが、東大卒、メガバンク、役員手前、子会社専務という波乱万丈男の定年後を女性目線でどのように描くのか。「生前葬」「散り際千金」「残る桜も散る桜」冒頭から登場するこの3つのキーフレーズが老後のシニア世代、定年を迎えた私たちに響きます。映画もおすすめです。
定年小説・ノウハウ本

シニアライフ ノウハウ本で学ぶ豊かな老後 第3弾は 「定年後」 楠木 新

「定年後」の感想です。著者の楠木さんは退職した方を数多く取材し働く意味をテーマに執筆・講演されています。60歳にもなれば生きるうえでの知恵も蓄積されていて体力的にも75歳までは元気です。この期間を老後生活で最も重要で意義のある「黄金の15年」と呼んでいます。
定年小説・ノウハウ本

シニアライフ、小説に学ぶ豊かな老後 ・・・ 第2弾は 「孤舟」 渡辺淳一

「孤舟」の感想です。化身や失楽園など恋愛小説のイメージが強い渡辺さんですが定年退職後の男の世界、老後をどのように描いているのでしょう。タイトルにある孤舟という何とも寂し気な言葉が想像をかきたてますね。シニアライフの学びとなるエピソードも多く描かれております。お楽しみに。
定年小説・ノウハウ本

シニアライフ ノウハウ本で学ぶ豊かな老後 第2弾は 「還暦からの底力」 出口治明

「還暦からの底力」の感想です。出口さんご自身の豊富な知識と経験からのノウハウはシニア世代に参考となる内容が多いと思います。人生100年時代をパワフルに行動するための出口流、初の人生指南書!で感じたことをあげてみました。老後生活が楽しくなりそうです。
読書と学び

シニアの読書 お得に本はどうやって手に入れる? 図書館・AMAZON・ECサイトの有効活用法

シニアライフには書籍代も痛い出費、やはり購入となると大きな問題です。そこで、図書館に行ってみることにしました。他にもお得に本を手に入れる方法をご紹介しますので将来の参考になさってください。
定年小説・ノウハウ本

シニアライフ、小説に学ぶ豊かな老後 ・・・ 第1弾は 「老後の資金がありません」 垣谷美雨

「老後の資金がありません」の感想です。定年後の参考書のもう一つのジャンルとして定年・還暦をテーマにした小説も見逃せません。日常生活の喜怒哀楽を描き、私たちにいろんなことを考えさせてくれる楽しい娯楽作品です。ノウハウ本より身近なリアリティーを感じられるので飽きさせません。
定年小説・ノウハウ本

シニアライフ、ノウハウ本で学ぶ豊かな老後 第1弾は 「還暦からの人生戦略」 佐藤優

「還暦からの人生戦略」の感想です。定年後はどうするか?このような未経験の事を考えるときは情報収集?勉強? 受験勉強ではありませんがシニアライフの老後参考書や過去問があれば心強い味方となります。参考書となるものは??ありました、巷には定年に関するノウハウ本が花盛りです。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました