読書と学び

シニアの参考書

シニアライフ 小説に学ぶ豊かな老後 5選 ・・・ まとめ

豊かな老後を暮らすためにはどうすればいいか?お金、仕事、親の介護、健康維持など幅広く未知の世界への心構えが必要。こんな情報をストーリーで楽しめる定年小説というジャンル。垣谷美雨、渡辺淳一、内館牧子、浅田次郎、村上 龍、有名作家さんが描く物語は老後の参考になる事が盛りだくさん。
シニアの参考書

ノウハウ本で学ぶ豊かな老後 第5弾 「58歳から 日々を大切に暮らす 」「65歳から心ゆたかに暮らすために大切なこと」 ショコラ

ショコラさんは、老前整理としてはじめた断捨離、お金を節約しつつも、日々工夫を重ねて充実の一人暮らしを続けていらっしゃいます。理想論が展開されているシニア本が多い中、人気の秘密は実現性の高い身近な内容だからではないでしょうか。ぜひご参考に。
シニアの参考書

シニアライフ、小説に学ぶ豊かな老後 ・・・ 第5弾は 「55歳からのハローライフ」 村上 龍

「55歳からのハローライフ」は再出発を果たそうとする中高年の5つの物語。50代後半で一旦立ち止まり今までの人生を振り返ってみる。様々な人間関係が繰り広げられて今日に至っており、そこには信用・信頼という言葉が。これからの人生をどう生きるのか。
シニアの参考書

シニアライフ、小説に学ぶ豊かな老後 第4弾は 「おもかげ」 浅田次郎

小説内の懐かしい描写を切り取って自分の思いと重ねてみました。自分がこの世に生まれた意味、価値、理由、多くの人に支えられて生きてきた人生を今一度考えてみる。そんな思いを抱かせてくれる涙なしでは終われない小説です。
シニアの参考書

シニアライフ ノウハウ本で学ぶ豊かな老後 第4弾は 「ビンボーでも楽しい定年後」 森永卓郎

ビンボーでも楽しい、言い換えればお金が無くて楽しいということ。経済学者ならではのお金に関わるノウハウに期待が高まりますね。そんな著者が老後の暮らしをどのように考えているのか、楽しく生き抜く方法、資産運用や節約方法など本作品より探ってみたいと思います。
シニアの参考書

シニアライフ、小説に学ぶ豊かな老後 ・・・ 第3弾は 「終わった人」内館牧子

「終わった人」の感想です。内館さんが、東大卒、メガバンク、役員手前、子会社専務という波乱万丈男の定年後を女性目線でどのように描くのか。「生前葬」「散り際千金」「残る桜も散る桜」冒頭から登場するこの3つのキーフレーズが老後のシニア世代、定年を迎えた私たちに響きます。映画もおすすめです。
シニアの参考書

シニアライフ ノウハウ本で学ぶ豊かな老後 第3弾は 「定年後」 楠木 新

「定年後」の感想です。著者の楠木さんは退職した方を数多く取材し働く意味をテーマに執筆・講演されています。60歳にもなれば生きるうえでの知恵も蓄積されていて体力的にも75歳までは元気です。この期間を老後生活で最も重要で意義のある「黄金の15年」と呼んでいます。
シニアの参考書

シニアライフ、小説に学ぶ豊かな老後 ・・・ 第2弾は 「孤舟」 渡辺淳一

「孤舟」の感想です。化身や失楽園など恋愛小説のイメージが強い渡辺さんですが定年退職後の男の世界、老後をどのように描いているのでしょう。タイトルにある孤舟という何とも寂し気な言葉が想像をかきたてますね。シニアライフの学びとなるエピソードも多く描かれております。お楽しみに。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました