中山道 街道を歩く シーズン1 シニアの健康ウォーキング 日本橋→熊谷 全8回 まとめ

街道ウォーク
photo by ゆう
スポンサーリンク

中山道 season1 日本橋→熊谷

中山道 シーズン1では日本橋から熊谷まで全8回で約135キロを歩きました。

中山道シーズン1は、お江戸日本橋から神田明神、東大赤門、とげぬき地蔵、いたばし、戸田の渡し、大宮氷川神社、鴻巣の人形、熊谷直実像など有名な見どころ満載ルート。
板橋宿や蕨宿、桶川宿などには土蔵や本陣跡も残っており宿場町の雰囲気を感じることもできます。

源氏や北条氏、徳川幕府と中世から近代にかけての旧跡や神社仏閣も多く、楽しい街道歩きとなりました。

シニアらしく歩行距離も無理はしません。
1日15キロ前後に設定し、のんびりと街歩きを楽しみます。

中山道シーズン1のまとめとして、全8回の簡単な紹介と詳細ページへのリンクをご案内しています。
興味あるコースがございましたらご参照頂ければ幸いです。

※画像はクリックすると拡大でご覧いただけます。

中山道 その1 日本橋→板橋

中山道その1は、日本橋から→神田→本郷→白山→巣鴨→板橋を歩きます。
距離は16,2Km、所要時間は4:20時間、18,863歩、消費カロリー904kcal

神田神社
高岩寺 とげぬき地蔵
近藤勇像

初回は日本橋から板橋まで約16キロ。
越後屋跡(三越)からスタート、東京都選定歴史建造物、神田明神、湯島聖堂、本郷、東大赤門、八百屋お七のお墓、慶喜巣鴨屋敷跡、とげぬき地蔵、近藤勇の墓と江戸時代を満喫できるゴールデンコース。

今まで何回も通っている都心の道ですが、新たな発見があったりします。
身近に知らない場所や知らない事が沢山あることを痛感。

歴史的背景を知ったうえで改めて東京の街を歩いてみると江戸の町のすばらしさ、奥深さがよく分かります。

詳しくはこちら↓

中山道 街道を歩く その1 歴史を訪ねる シニアの健康ウォーキング 日本橋→板橋
中山道その1は日本橋から板橋まで歩きます。連雀町界隈、神田明神、湯島聖堂やとげぬき地蔵など神田、本郷、巣鴨への街道歩きは江戸時代の面影を残すビューポイントが多く存在します。池波正太郎さんや司馬遼太郎さんの本の内容とリンクさせてのウォーキングも楽しいですね。

中山道 その2 板橋→戸田公園

中山道その2は、JR板橋駅から→仲宿→志村→船渡→戸田→戸田公園を歩きます。
距離は16,1Km、所要時間は4:24時間、17,846歩、消費カロリー868kcal

板橋
志村一里塚
志村一里塚
戸田橋

その2は板橋から戸田まで、約16キロ。
板橋宿平尾ゲートから旧道へ、往時の雰囲気が残る板橋宿。

宿場の名前にもなっている石神井川にかかる板橋や文殊院など訪ねて、いたばし最中も購入。
皇女和宮下向の際には迂回されたという縁切り榎、400年以上前からこの地にあり続けている貴重な志村の一里塚、難所と言われた清水坂へと進みます。

大きな荒川の流れを見ながら戸田橋を渡って渡船場跡碑を過ぎれば今回のゴール戸田公園駅。

詳しくはこちら↓

中山道 街道を歩く その2 歴史を訪ねる シニアの健康ウォーキング 板橋→戸田公園
中山道その2は板橋宿を中心に荒川の戸田の渡しを越える街道ウォーク。板橋宿は江戸宿場町の面影を残しており、徳川ゆかりの寺社をはじめ、当時のまま現存している志村一里塚、難所と言われた清水坂など楽しい街道歩きが続きます。美味しい和菓子も手に入れてシニアの健康ウォーキングは戸田公園駅へ。

中山道 その3 戸田公園→北浦和

中山道その3は、JR戸田公園駅から→蕨宿→浦和宿→北浦和を歩きます。
距離は16,3Km、所要時間は4:13時間、18,531歩、消費カロリー798kcal

蕨本陣跡
和楽備神社
玉蔵院

その3は戸田から北浦和まで約16キロ。
下木戸跡をくぐり古い家屋が点在する蕨宿には本陣跡もあります。

室町時代に蕨を所領とした渋川氏ゆかりの「和楽備神社」。
家康はじめ歴代将軍からも同様の朱印状が与えられていた「三学院」。
鳥居がなく狛犬ではなく、兎が置かれているめずらしい「調(つき)神社」など寺社仏閣が多く見られます。

戦国時代に開設された「浦和の市」で賑わった浦和宿。
成就院で延命地蔵、頭痛除け観世音菩薩さまにお参りすれば北浦和駅のゴールです。

詳しくはこちら↓

中山道 街道を歩く その3 歴史を訪ねる シニアの健康ウォーキング 戸田公園→北浦和
中山道、街道ウォーキング3回目は当時の面影が多く残る蕨宿から浦和宿への街道歩き。蕨宿には古い建屋や本陣跡、昔ながらのお店も残っています。また道中には由緒正しき寺社仏閣も多くみられ、疲れ知らずの4時間となりました。シニアウォーキング健在です。

中山道 その4 北浦和→大宮

中山道その4は、JR北浦和→さいたま新都心→大宮→宮原を歩きます。
距離は14,2Km、所要時間は3:44時間、16,716歩、消費カロリー913kcal

氷川神社一宮
塩地蔵・子育て地蔵
氷川神社楼門

その4は北浦和から大宮まで約14キロ。
一本杉の仇討跡、しまむら本社ビル、お女郎地蔵を過ぎればさいたま新都心のビル群。

その先、氷川神社の一宮とケヤキ並木が右手に見えてくれば大宮宿の入口。
加賀前田家屋敷門、病に倒れた父の話が伝わる塩地蔵・子育て地蔵、倉屋敷稲荷神社、中山道を行き来する文人墨客が足を留めた東光寺と続きます。

官幣大社氷川神社社標から裏参道を進み、2400年以上の歴史を持つ武蔵一之宮大宮氷川神社へ。
大きな楼門と拝殿が印象的、君が代に詠まれているさざれ石もありました。

詳しくはこちら↓

中山道 街道を歩く その4 歴史を訪ねる シニアの健康ウォーキング 北浦和→大宮
中山道の街道歩き、歴史ウォークは4回目で大宮宿に向かいます。歴史ある宿場町には私たちが知らない逸話も多く興味深いシニアウォークとなりました。大宮氷川神社は総本社らしく見どころ満載のありがたい神社です。身も心も健康になれる旧街道を歩く旅はシニアにピッタリで、回を重ねるごとに課題も増えて飽くことがありません。

中山道 その5 大宮→桶川

中山道その5は、JR宮原駅から→上尾→北上尾→桶川を歩きます。
距離は13,4Km、所要時間は3:28時間、15,747歩、消費カロリー714kcal

氷川鍬神社
島村老茶舗
女郎買い地蔵

その5は大宮から桶川まで約13キロ。
宮原駅から上尾を目指して歩けば、天満宮、加茂神社、金山権現社、南方神社、愛宕神社と神社が続きます。
上尾宿に入ると「おくわさま」として愛されている上尾宿総鎮守の氷川鍬神社。

北上尾から見事な板塀の須田家を過ぎて桶川宿に入ります。
古い佇まいを残す武村旅館、江戸末期の旅籠跡の建物、土蔵造りの店蔵、桶川宿本陣遺構など素晴らしい歴史的建造物が迎えてくれます。

女郎買い地蔵と呼ばれている地蔵菩薩さん、街道には興味深い伝説も数多く存在しますよ。

詳しくはこちら

中山道 街道を歩く その5 歴史を訪ねる シニアの健康ウォーキング 大宮→桶川
中山道ウォーキング、江戸の情緒が感じられる桶川宿へ大宮から向かいます。土蔵造りの店蔵や旅籠、本陣遺構などは見ごたえがあります。街道歩きも慣れてきたこともあり15キロぐらいは快調に歩けるようになりました。和菓子は「ゆず最中」を手に入れることが出来て、満足の街道ウォークとなりました。

中山道 その6 桶川→鴻巣

その6は、桶川→北本→鴻巣を歩きます。
距離は14,5Km、所要時間は3:47時間、17,112歩、消費カロリー1059kcal

金剛院
御殿雛
鴻神社

その6は桶川から鴻巣まで約14キロ。
桶川宿を出ると北本までまっすぐ道が続く約3kmのロングウォークとなります。

北本宿碑まで歩き、多聞寺の樹齢200年のムクロジからパワーを頂き勝林寺、東間の浅間神社へ。
高崎線の踏切を渡って江戸時代初期の古中山道を進み鴻巣宿を目指します。
産業観光館には江戸時代の享保雛などさまざまな時代のひな人形が展示されています。

鴻巣御殿跡で日本一小さい東照宮に参拝し、こうのとり伝説がある鴻神社で御朱印を頂けば今日のゴール。

詳しくはこちら↓

中山道 街道を歩く その6 歴史を訪ねる シニアの健康ウォーキング 桶川→鴻巣
6回目となった旧中山道の街道歩き。桶川を出発して人形の町鴻巣へ向かう中山道ウォークには多くの発見がありました。葵のご紋が象徴する徳川幕府の統治力、参勤交代で中山道を歩いた加賀前田藩の痕跡、こうのとりの話が残る鴻神社、江戸時代のひな人形を見ることが出来る産業観光館、今回初めて知った「いがまんじゅう」など楽しいウォーキングでした。

中山道 その7 鴻巣→吹上

中山道その7は、鴻巣→北鴻巣→吹上を歩きます。
距離は18,4Km、所要時間は4:37時間 20,176歩、消費カロリー1298kcal

龍昌寺 本堂
氷川八幡神社
吹上神社

その7は鴻巣から吹上まで約18キロの少々長めのコース。
街道沿いは、真相寺、永林寺、光徳寺と、しばらく寺院が続きます。

羅生門の鬼退治で有名な源頼光四天王の一人、渡辺綱ゆかりの箕田観音堂、宝持寺、綱八幡に参拝。
旅人が休憩したり、旅立つ者を見送る人々が別れを惜しんだ箕田追分の道標へ向かいます。

吹上駅を過ぎれば、加賀藩の大名行列と日光へ向かう八王子千人同心鉢合わせの逸話が残る東曜寺、吹上神社、間の宿の石碑まで歩けば本日のゴールとなります。

詳しくはこちら↓

中山道 街道を歩く その7 歴史を訪ねる シニアの健康ウォーキング 鴻巣→吹上
旧中山道ウォーキングも7回目。鴻巣から吹上までの途中には嵯峨源氏、渡辺綱や家康ゆかりの神社仏閣が多くあり歴史好きにはたまらない楽しい街道歩きのコースです。鴻巣と熊谷の「あいの宿」として発展した吹上がゴール。和菓子屋さんや埼玉みやげ定番の十万石まんじゅうにも立ち寄ります。

中山道 その8 吹上→熊谷

中山道その8は、吹上→行田→熊谷を歩きます。
距離は16,8Km、所要時間は3:58時間 19,150歩、消費カロリー1191kcal

左手が荒川河川敷
東竹院
熊谷直実像

その8は吹上から熊谷まで約17キロ。
間の宿碑の先、高崎線に遮られた中山道。歩道橋を渡って街道を進みます。

元荒川の起点を過ぎ、権八延命地蔵横から荒川土手へ出れば見晴らしのいい一本道。
大曲の八幡さま、決潰の跡碑、久下の一里塚跡と続き土手道とはお別れ。
立派な「白壁の土蔵と土塀」が続く中山道を歩き、久下氏開創の東竹院を過ぎ熊谷へ。

総鎮守の高城神社、熊谷寺、デパート内に旧街道が通る八木橋デパート、池泉回遊式庭園の星渓園を尋ね、熊谷駅に戻れば熊谷直実像がお出迎え、シーズン1終了となりました。

詳しくはこちら

中山道 街道を歩く その8 歴史を訪ねる シニアの健康ウォーキング 吹上→熊谷
中山道ウォーキングも今回でシーズン1終了。街道歩きは、いよいよ熊谷宿へ向かいます。広々とした荒川土手歩きは往時と同じ風景が目の前に広がります。久下一族の墓がある東竹院、熊谷直実ゆかりの熊谷寺、熊谷総鎮守の高城神社など神社仏閣も見ごたえがあります。日本一暑い夏「熊谷」、八木橋デパート前の温度計も要チェック。

↓↓街道を歩く 準備編はこちら

シニアの健康ウォーキング 街道を歩く 歴史を訪ねる 準備編
シニアの健康に欠かせないウォーキング。健康は歩くことからはじまります。でも、近所のウォーキングは飽きちゃいますね、そんな方にお薦めなのが街道歩き。お江戸、日本橋を起点に整備された東海道、中山道、甲州街道、奥州街道、日光街道の五街道では宿場や本陣跡、一里塚、由緒ある寺社仏閣など歴史を訪ねる旅も楽しめます。日帰りのコース設定で無理なくチャレンジしてみましょう。

↓↓街道を歩く 甲州街道 シーズン1 まとめ

甲州街道を歩く シーズン1 シニアの健康ウォーキング 日本橋→相模湖(小原宿)全7回 総集編
シニアでも歩ける街道ウォーキング、五街道の一つ甲州街道シーズン1。日本橋から内藤新宿、高井戸、府中、日野、八王子、小仏、小原へと全7回で歩いた記録の総集編まとめとなります。峠越えや本陣見学、数多くの寺社仏閣巡りなど、詳細ページへのリンクもあります。

甲州街道 中山道 東海道 kindle本作ってみました

Kindle Unlimited 会員の方は無料でご覧いただけます。よろしくお願いいたします。
↓↓リンクからサンプルもご覧いただけます↓↓

タイトルとURLをコピーしました