横浜中華街 暑い夏を乗り切ろう 冷やし中華 その2

横浜中華街ランチ
photo by ゆう

横浜中華街ランチを楽しもうシリーズ、冷やし中華編。
前回は金香楼、牡丹園、心龍さんをご紹介しました。
今回その2は景徳鎮、桃桃林、興口福さんをご紹介。

冷やし中華といえば夏にはなくてはならないメニュー。
ここ日本が発祥、中国の冷やしとは一線を画しています。

おなじみの醤油だれ、ごまだれ以外にも四川風やバンバンジー冷麺、タンタン冷麺と種類も豊富。
中華街のお店でも夏の定番メニューとして多くのお店で提供されています。

なお、各お店の情報はリンクより過去記事をご参照願います。

※画像はクリックすると拡大でご覧いただけます。

スポンサーリンク

景徳鎮

バンバンジー冷麺1430円

中華街大通りから市場通りに入り真ん中。
中華街で白地の看板は珍しく「景徳鎮」の金文字が目立ちます。

チョット怪しげな恐い感じのフォントもミステリアスでいい感じ。
右手の大きなショーウインドウ内には美味しそうな数々のメニューが目を引きます。
平日のランチですが、今日も人気で賑わっています。

四川料理の名店ですから麻婆豆腐が人気ですが、冷やしもあります。
ランチメニューではなく単品メニューになります。

バンバンジー冷麺1430円、タンタン冷麺1320円と2種類。
メニューには辛い印の唐辛子イラストマーク。
迷うところですが、今日はバンバンジーに。

美しい辣油の輝き
めずらし白が基調の看板
具在はゴージャス

待つこと10分弱で運ばれてきました。
タレは別添えで、見た目はかなり辛そうな感じ。真っ赤な辣油が美しく輝いてます。

具も豪華です。チャーシューに蒸し鶏、ハムにキュウリにクラゲ、エビと花のように盛り付けされたトマトが華やかさを演出しています。

きれいに盛り付けられているので、たれを掛けるのが何だかもったいない。
まずは少したれを掛けて味の確認。

シャキッと締まった麺
やさしい杏仁豆腐

食べると意外に辛さは強烈に感じることは無く、胡麻の風味、コクのある甘みが拡がり美味しい。
麺もシャキッと締まって冷たくのど越しがいい。

このコクのあるたれは麺も良いけどバンバンジーってくらいで蒸し鶏にかけて食べると最高。
辛み強めのゴマダレがこんなに具材とマッチするとは、避けて通ってきた自分に反省。
定番の醤油とゴマダレの冷やし中華とは違った楽しみ方が出来るバンバンジー冷麺。
この夏、何回リピートすることになるのでしょう。

忘れちゃいけない杏仁豆腐、火照った口を癒してくれる優しいお味でした。

⇩⇩ お店の所在地、詳しくはこちらから ⇩⇩

横浜中華街 ランチを楽しもう その7 景徳鎮 景徳鎮 新館 馬車道 SILS MARIA
今回は四川料理のお店をご紹介、マーボー豆腐食べ比べです。四川料理は豊富な調味料や香辛料を使うのが特徴で辛いことでも有名。四川唐辛子と中国花山椒を使った本場の味に挑戦。馬車道の生チョコ発祥の店もご紹介します。

桃桃林

冷やし麺1320円

朝陽門を過ぎて左は南門シルクロード。
その先中華街大通りと分かれて右へ向かうのが開港道となりますので真っ直ぐ進みます。

ローズホテルを過ぎてさらに進むと加賀町警察署北の信号機。
この前がロイヤルホールヨコハマで1階が中国レストラン「桃桃林」。

しばらくランチはお休みしていましたが再開となりました。
店舗は1階、階段の赤い手すりが中華っぽくていい感じ。

道路側の壁が大きなガラス張りですからは眺めも良く開放感抜群。
店内も広くてゆっくりとお食事が楽しめます。

桃桃林さんはランチメニューに冷やし麺1320円があります。
タレは胡麻と醤油から選べます。自分の好みの量をかけられるのがいいです。

具在は別盛でお好きなように盛り付け
ロイヤルホール1階
自分で盛り付ける楽しさ

ランチはサラダバー付き。
今回はヤングコーンにブロッコリー、もやし、冷奴まで置いてあります。

具在は別盛。
くらげ、しいたけ、錦糸卵、ハム、蒸し鶏、チャーシュー、きゅうり、エビの8種。

麵が生ぬるい冷やし中華を出すお店に出くわすことがありますが、桃桃林さんの冷やしはお皿もタレも面も具材もキンキンに冷えていて最高のコンディション。

タレはたっぷりかけました
エビ入りでおいしさ倍増

せっかくの美しい具材たちが、私のセンスなき盛り付けで少々残念な感じに。
気を取り直して、味で勝負。

醤油だれはやや薄めなので具材の味がしっかり感じられてサッパリといただけました。
タレは自分の好きな量掛けられるし、具沢山なので飽きないです。
食欲が無くてもツルツル食べられる夏にはありがたい存在。

ランチスープはエビ入りで本格的なお味。
それでいて冷やし中華を邪魔しないのがいいですね。

⇩⇩ お店の所在地、詳しくはこちらから ⇩⇩

横浜中華街 ランチを楽しもう その30 龍門 桃桃林 ふくぷん
中華街大通りの「龍門」さんで酢豚、小籠包、ふかひれスープを、黒酢も良いけどケチャップ甘酢あんかけの定番酢豚は安定の味。ランチを再開したロイヤルホールヨコハマ1階の「桃桃林」さん、広々としたゴージャスな空間で味わう油淋鶏、オープンしてから人気急上昇中の素材にこだわったプリンのお店「ふくぷん」さんをご紹介。

興口福

冷やし担々麺+半チャーハン 800円

関帝廟通りと中山路が交差する関帝廟の2件となりにあるのがこちら興口福さん、チャイナドールの可愛いイラストと黄色の文字の入り口の看板が目印。

ランチも充実しており、地元サラリーマンからも人気のお店です。

お得なセットメニューはスブタやエビチリなど定番メニューに蒸し鶏や小籠包、シューマイに杏仁豆腐が付いて900円、他にも週替わりメニューがあり700円からとリーズナブル。

夏はこの週替わりメニューに冷やし担々麺が登場します。
ランチメニューなので半チャーハンにスープ、杏仁豆腐が付いて800円とお得。
今日はこちらを注文しましょう。

昼時ですが二階も有り比較的混雑時でも待たなくても入れます。
二人用の小さなテーブル席もありますのでおひとり様でも安心。

まずはスープと小鉢が運ばれてきますが、すぐ冷やし担々麵も到着。
こちらは地元の若手サラリーマンに人気なのですが、理由の一つとして価格はもちろんですが、気さくな接客と盛りの良さに人気の秘密があります。

担々麵は肉みそがポイント
チャイナドールが目印
スープがおいしい

到着した冷やし担々麵はご多分に漏れず量はたっぷり、さて残さず食べられるでしょうか。
見た目はそんなに辛そうではないので大丈夫そうです。

少しかき混ぜていただきます、ピリ辛くらいでタレが少なめで薄味になっています。
担々麵といえば肉みそ、この肉みそが薄味の麺と合わさってちょうどいい感じの味わいです。

トマトに錦糸卵、きゅうり、チャーシューの他、縦に細切りされた長ネギ、少し太めの白髪ねぎといった感じ、このネギが甘辛いタレの味にアクセントとなっておいしさを増幅させています。

ランチなのでスープが付いてきます。
興口福さんのスープはとろみがある海鮮の味わい深いスープなのですが、これと冷やしとの組み合わせが意外と合うのに驚きです。
夏とは言え、店内はクーラーで冷えているので暖かいスープが美味しく感じられました。

冷やし中華の後にデザートというのも最初は違和感があったのですが、最近は慣れてきて無いと物足りない感じ、習慣とは恐ろしいですね。
今日も美味しくいただきました。

⇩⇩ お店の所在地、詳しくはこちらから ⇩⇩

横浜中華街 ランチを楽しもう その20 興口福 許厨房 CHILLULU COFFEE
地元ビジネスマンにも人気の関帝廟通りにある「興口福」さん、上海路に改装オープンした、オーナー師父の店「許厨房」さん、中華街で美味しいハンドドリップのコーヒーが味わえる「チルルコーヒー」さんのご紹介です。今回でシリーズ20回目、すでにご紹介したお店は40店舗を超えました。

⇩⇩ 冷やし中華 その3 こちらから

横浜中華街 暑い夏を乗り切ろう 冷やし中華 その3
冷やし中華その3は辛いの、酸っぱいの、サッパリさらさらのと内容盛りだくさん。四川料理の京香楼さんで冷やし四川坦々刀削麺、東光飯店さんでは具沢山の醤油ダレの冷やし中華、上海料理の老舗三和楼さんでは、さっぱりとしたゴマダレ冷やし中華を味わいます。今回も魅力をたっぷりとお届けします。

⇩⇩ 冷やし中華まとめ1 こちらから

横浜中華街 ランチを楽しもう 冷やし中華 まとめ
横浜中華街ランチを楽しもう 美味しい冷やし中華、おすすめ まとめです。日本の夏にはなくてはならないメニュー。醤油だれ、ごまだれ以外にも四川風やバンバンジー冷麺、タンタン冷麺と種類も豊富。併せて神保町の冷やし中華発祥のお店も紹介します。

⇩⇩ おすすめランチ まとめ10選 こちらから 

横浜中華街 おすすめランチ特集 第一弾 10選 ビジネスマンのお昼ご飯
横浜中華街をお得にお安く満喫したい。中華街に通っている私がおすすめするランチ10選です。どのお店も似たような感じで選ぶのが難しい、中国料理は何を頼んでいいかよく分からないなど、お困りのネタはつきません。でも大丈夫!ランチで問題解決。平日のおいしいお昼ごはんを。

タイトルとURLをコピーしました