横浜中華街 ランチを楽しもう 冷やし中華 まとめ その2

中華街まとめ
photo by ゆう

横浜中華街ランチを楽しもうシリーズ番外編、冷やし中華まとめその2となります。
冷やし中華といえば夏にはなくてはならないメニュー。

おなじみの醤油だれ、ごまだれ以外にも四川風やバンバンジー冷麺、タンタン冷麺と種類も豊富で地方によって冷麺とか冷やしラーメンとも呼ばれています。

中華街のお店でも夏の定番メニューとして多くのお店で提供されています。
中華街ならではの冷やし中華、探索してみましょう。

なお、各お店の情報はリンクより過去記事をご参照願います。

※2023年夏の価格です、価格は変更になっている場合がありますのでご注意ください。
※画像はクリックすると拡大でご覧いただけます。

スポンサーリンク

金香楼

金香楼 冷やし中華
海鮮冷麺とミニちまき 800円
ゴージャスな入口
具材は別盛で海鮮もたっぷり

玄武門に向かう北門通り、金の屋根に金の看板がひときわ目立つ金香楼。店内は天井が高く開放感があり、客席は水上庭園式で水が流れ個室のような作りになっています。

隣の席を気にすることもありませんのでご家族やグループにお勧め。
異国情緒満点の店内は照明も落ち着いた感じでゆっくり食事が堪能できます

ランチメニューそして、海鮮冷麺があります。通常、冷やし中華は単品メニューですからランチセットはお得。ミニちまき2コ付きで800円はありがたい。

牡丹園

冷やし麺+ミニカレーライス 900円
アットホームなお店
チャーシューが美味

大通りから香港路へ入りちょうど真ん中くらい、創業40年を超える広東料理が中心の牡丹園。グリーンの壁に赤い看板がレトロな感じ。

みんなから愛されている秘密はオーナーシェフによる数々の創作料理にあります。
生うにやイクラをアレンジした海鮮の中華風茶わん蒸しが有名。

牡丹園さんの平日ランチサービス限定メニュー。冷やし麺又は冷やし白湯麺とミニカレーライスのセットを900円で提供してくれます。
カレーなしの単品は各800円、差額は100円。ここはセットで行くしかありませんね。

心龍

冷やし中華 968円
豊富なランチメニュー
涼しげな翡翠麺

中華街大通りを善隣門に向かって歩いていくと一つ手前の路地が中山路、関帝廟の横の通りです。その真ん中あたりに心龍があります。シンロンと呼びます。

香港と上海の伝統をベースにした本格的創作料理が自慢のお店。青唐辛子と鶏挽肉が入っているめずらしい白麻婆豆腐は爽やかな辛さで人気です。


冷やし中華ですが、これまた迷ってしまう5種類。冷やし中華、坦々冷麺、蒸し鶏冷麺、ジャージャン麺は968円
冷やし海鮮サンマー麺1078円の5種類。

以上、3店舗の詳細はこちらへ⇩

横浜中華街 暑い夏を乗り切ろう 冷やし中華 その1
食欲が減退する夏、そんなときの強い味方が「冷やし中華」。横浜中華街で美味しい冷やし麺をリサーチします。基本の醤油だれ、ごまだれや坦々味など味もバリエーション豊かで飽きません。具材も玉子、胡瓜、トマト、チャーシューの他海鮮なども魅力的。ラーメン、チャーハンに続いて冷やし中華を極めましょう。

景徳鎮

バンバンジー冷麺1430円
めずらしい白が基調の看板
具在はゴージャス

中華街大通りから市場通りに入り真ん中。中華街で白地の看板は珍しく「景徳鎮」の金文字が目立ちます。チョット怪しげな恐い感じのフォントもミステリアスでいい感じ。

四川料理の名店ですから麻婆豆腐が人気ですが、冷やしもあります。ランチメニューではなく単品メニューになります。

バンバンジー冷麺1430円、タンタン冷麺1320円と2種類。メニューには辛い印の唐辛子イラストマーク。

桃桃林

冷やし麺1320円
ロイヤルホール1階
具在は別盛でお好きなように盛り付け

朝陽門を過ぎて左は南門シルクロード。
その先中華街大通りと分かれて右へ向かうのが開港道となりますので真っ直ぐ進みます。

ローズホテルを過ぎてさらに進むと加賀町警察署北の信号機。この前がロイヤルホールヨコハマで1階が中国レストラン「桃桃林」。

桃桃林さんはランチメニューに冷やし麺1320円があります。タレは胡麻と醤油から選べます。自分の好みの量をかけられるのがいいです。ランチはサラダバー付き。

興口福

冷やし担々麺+半チャーハン 800円
チャイナドールが目印
担々麵は肉みそがポイント

関帝廟通りと中山路が交差する関帝廟の2件となりにあるのがこちら興口福さん、チャイナドールの可愛いイラストと黄色の文字の入り口の看板が目印。


ランチも充実しており、地元サラリーマンからも人気のお店です。

夏はこの週替わりメニューに冷やし担々麺が登場します。ランチメニューなので半チャーハンにスープ、杏仁豆腐が付いて800円とお得。

以上、3店舗の詳細はこちらへ⇩

横浜中華街 暑い夏を乗り切ろう 冷やし中華 その2
夏の暑さも本格的に、それととも食欲も減退。スタミナをつけるためには中華料理がおすすめ。中華街では夏のメニューとして冷やし中華が充実しています。ランチとして提供されているメニューは価格もリーズナブルでお得です。しょうゆやごまだれに飽きたらバンバンジーやタンタンもお勧め。

京香楼

冷やし四川坦々刀削麺 1210円
中国料理店らしい入口
うま辛の坦々

京華樓は四川料理のお店で関帝廟通りの中央に位置する本館、中華街大通り沿いの善隣門手前に位置する大通店と中華街に2店舗あります。横浜駅近くの鶴屋町店もありますので計3店舗。


上海や山西省の本場中国人シェフが作る本格的料理が人気で多くのお客様から支持を得ています。

夏季限定特製冷麺は3種類。特製調味料で四川省特産の芽菜(ヤーサイ)と豚挽き肉を炒め、胡瓜、小松菜をたっぷり盛った「冷やし四川坦々刀削麺」は1210円。辛さは唐辛子マーク1つを注文しました。

他にも、「青花山椒ダレの爽やか冷麺」1450円、「よだれ鶏の冷麺」は1450円があります。

東光飯店

冷やし中華 1300円
黄色に赤が目印
具沢山なトッピング

横浜スタジアム側の玄武門から善隣門へ向かい北門通りを行くと右側。加賀町警察署の前にある鮮やかな赤青黄色と黒に金文字看板がひときわ目をひきます。


以前は本館と別館に分かれて営業していましたが現在はこちら1店舗で営業中。

東光飯店さんは「冷やし中華」一点勝負。醤油だれかゴマダレが選べてお値段1300円。

三和楼

冷やし中華「冷麺」1200円
白を基調としたオシャレな入口
さっぱりしたゴマダレ

関帝廟通りの上海路と市場通りの中間あたり、白地に三和樓の金文字が輝いてます。楕円形の入口も特徴的、両サイドのウインドウも目を引きます。


中華街で昭和37年から営業する上海料理の老舗、もう60年近く営業されているんです。

老舗らしく冷やしも4種類のラインアップ。
「冷やしラーメン」はさっぱりスープと細麺のあっさり仕上げで1100円。


ごまの風味とピリッと辛い挽き肉は「冷やし担々麺」で1100円。ごま醤油ベースの定番の冷やし中華「冷麺」は1200円。そして「特製冷麺」2200円。


自慢の海鮮、アワビにエビ、クラゲがトッピングされているスペシャルメニュー。

以上、3店舗の詳細はこちらへ⇩

横浜中華街 暑い夏を乗り切ろう 冷やし中華 その3
冷やし中華その3は辛いの、酸っぱいの、サッパリさらさらのと内容盛りだくさん。四川料理の京香楼さんで冷やし四川坦々刀削麺、東光飯店さんでは具沢山の醤油ダレの冷やし中華、上海料理の老舗三和楼さんでは、さっぱりとしたゴマダレ冷やし中華を味わいます。今回も魅力をたっぷりとお届けします。

横浜中華街 冷やし中華 まとめ その1 6選へ ⇩

横浜中華街 ランチを楽しもう 冷やし中華 まとめ
横浜中華街ランチを楽しもう 美味しい冷やし中華、おすすめ まとめです。日本の夏にはなくてはならないメニュー。醤油だれ、ごまだれ以外にも四川風やバンバンジー冷麺、タンタン冷麺と種類も豊富。併せて神保町の冷やし中華発祥のお店も紹介します。

おすすめランチ まとめ10選 ⇩

横浜中華街 おすすめランチ特集 第一弾 10選 ビジネスマンのお昼ご飯
横浜中華街をお得にお安く満喫したい。中華街に通っている私がおすすめするランチ10選です。どのお店も似たような感じで選ぶのが難しい、中国料理は何を頼んでいいかよく分からないなど、お困りのネタはつきません。でも大丈夫!ランチで問題解決。平日のおいしいお昼ごはんを。

横浜中華街 おすすめ20選 ラーメン&炒飯 kindleにて発売中!

スマホなら縦スクロールで、ブログ同様スイスイと一気にご覧いただけます。

Kindle Unlimited会員の方は無料でご覧いただけますので、ぜひご活用ください。
↓↓こちらからどうぞ。

タイトルとURLをコピーしました