デパ上レストラン街 お得にグルメを楽しむ その8 GARDEN HOUSE YOKOHAMA そごう横浜

食を楽しむ
photo by ゆう

プチ贅沢でデパ地下のお惣菜やお弁当を買った経験はみなさんもありますよね。

地下から上層階へたまには場所を変えてみませんか?高級ホテルのレストランはさすがに予算的に厳しいですが、ここなら大丈夫。

フレンチやイタリアン、懐石料理、全国の有名人気店などレストラン街は魅力がいっぱい。
価格的にリーズナブルですし、お店も綺麗、さすがデパートです。

たまには贅沢な空間と美味しい料理を味わいましょう。

※画像はクリックすると拡大でご覧いただけます。

スポンサーリンク

GARDEN HOUSE YOKOHAMA そごう横浜店

そごうは1830年、初代十合伊兵衛(そごう いへい)が創立の基となる大和屋を大阪に開業したのが始まり。

1919年に十合呉服店として本格的な百貨店をスタートさせています。横浜店は、神戸、千葉、広島に続き1985年に開店しました。2年後の1987年には大宮店も開店しています。

こちらのレストラン街は「ダイニングパーク横浜」として10階に3つのゾーンを展開。

A:名店・老舗ゾーンはシックで落ち着きのある空間として10店舗、B:シーサイドゾーンは明るいシーサイドと緑が織りなす空間として8店舗、C:グルメゾーンはオープンスタイルの楽しいエリアとして14店舗の計32店舗ありますので、お好みのスタイルが選べる緑あふれるフロアです。

横浜駅東口 横浜そごう~♪
ダイニングパーク横浜は3つのゾーン

横浜といえば海、ということでシーサイドゾーンにある「GARDEN HOUSE YOKOHAMA by KAMAKURA BEER」で洋食を楽しみます。横浜店は4号店、いつ来ても、おいしい、上質なファミリーレストランを提案しています。

他にも、鎌倉、新宿、みなとみらい、ベーカリーとして代官山にもオープンしています。

白を基調として、大きな窓に囲まれた店舗は明るく清潔感があります。

洋食を贅沢に盛り合わせた人気のプレート、GARDEN HOUSE COMBO(L)3,200円を狙っていたのですが、こちらはランチメニュー。

残念ながらランチの休日LOの15:00を過ぎてしまい、グランドメニューからアラカルトでオーダーすることになりました。

このコンボは厚切りのハムステーキ、しらすをたっぷりと使ったピラフがワンプレートで提供され、湘南の風を楽しめる内容だったんです。

GARDEN HOUSE COMBO(L)3,200円

・ 山利 釜揚げしらすのピラフ
・ 鎌倉ハムステーキ
・ 地野菜のクリーミーバーニャカウダ
・ 本日のポタージュ
・ タラモサラダ
・ ガーデナーズグリーンサラダ
・ フォカッチャ
※ コンボの写真はお店のメニューより


まずは、ビールを頼んで仕切り直し、アラカルトメニューをセレクトしましょう。

季節感を感じる旬の野菜を使い、素材の持ち味を最大限に引き出すとのお店の紹介コピーがありますので、「ガーデナーズグリーンサラダ」をオーダー。

「半熟卵のポテトサラダ足柄牛すじ煮込み添え」と「オレンジキャロットラぺ」も頼みましょう。パンは厳選した小麦と自家製酵母で焼き上げる「カンパーニュ」。ベーカリーも展開しているので期待が膨らみます。

サラダはハーフでこのボリューム、鎌倉の野菜でしょうかシャキシャキ新鮮でコクのある酸味が強めのドレッシングと相まって、なぜかビールも進んでしまうお味。

ガーデナーズグリーンサラダ Half 700円 自家製酵母カンパーニュ(2pc) 400円

牛すじ煮込みとポテサラの組み合わせは初めてです。ポテトはつぶされていないタイプでしっかりとしたじゃがいもの食感が味わえます。

この食感と、これ以上ないくらいに柔らかく煮込まれた甘辛い牛すじとの組み合わせで、口の中がカーニバル状態。そこに、この半熟卵ですから笑うしかないですね。早々にワインを追加注文することになっちゃいました。

キャロットラぺですが、スライスをドレッシングであえるだけのシンプルな料理。

シンプルなだけにあえ具合やドレッシングの味付けお店の特徴が分かる料理でもあります。

こちらは、程よい酸味とやや硬めのニンジンらしい食感が残る仕上がりでスパイスとしてクミンも効いていてエスニックな感じも醸し出しています。ナッツとドライフルーツも添えられており完璧な、キャロットラぺ(人参千切りサラダ)でした。

半熟卵のポテトサラダ足柄牛すじ煮込み添え 980円
オレンジキャロットラぺ 400円

鉄板焼きに移ります。「ソフトシェルシュリンプと蝦夷マイタケのプランチャ」この組み合わせもいいですね。

蝦夷といいますから北海道の舞茸です。色白の美人さんで香りも強く舞茸好きにはたまらないお味。ソフトシェルは海老を殻ごと食べられるのでノンストレス。

食に集中できるので、じっくりガーリックとネギとのコンビネーションを堪能できます。この複雑な味、鵠沼の魚醤が隠し味として活かされています。

ソフトシェルシュリンプと蝦夷マイタケのブランチャ 1600円
蝦夷マイタケは色白の美人さん

カンパーニュは自家製酵母が自慢なだけに、特有の強い酸味があります。

近所のお店で売っているカンパーニュとは明らかに味が違いますね。この重み、表面と違い柔らかな中身がクセになります。

海の幸にも期待です。メカジキのロースト マッシュルームクリームソーストリュフの香り、 メカジキ自体が味の主張が控えめなので、ソースの味が拡がります。

このマッシュルームソースが薄味なのでカジキの微妙な味をうまく引き出しており、トリュフも嫌味ない存在感があります。白ワインもいいですが、ドラフトビールで合わせるのもお薦めです。

メカジキのロースト 2600円 
マッシュルームクリームソース トリュフの香り

デパートレストラン街も横浜らしさを感じられるのが、この街のオシャレなところですね。
こちらのお店は、小さなお子様を遊ばせることが出来るキッズコーナーもあり、若いパパさんママさんも安心してお食事が出来るレストラン。ありそうで、なかったお店。暖かなホスピタリティーが感じられます。

「にほんブログ村」に参加しています。ポチっと応援いただくとうれしいです(^^)
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 60代オヤジへ
multi
食を楽しむ
スポンサーリンク
シニアライフハック
タイトルとURLをコピーしました