横浜中華街 おすすめランチ まとめ10選 PART3

横濱媽祖廟食を楽しむ
横濱媽祖廟 photo by ゆう

横浜中華街を満喫したい。でも・・・
・どのお店も似たような感じで選ぶのが難しい
・中国料理?中華料理?北京料理?広東料理?飲茶?意味がよく分からない
・中国料理は何を頼んでいいかよく分からない
・路地が入り組んでいてお店の場所がよく分からない
・この歳で食べ歩きは無理

などなどお困りのネタはつきません。

ゆう
ゆう

私も横浜に転勤になるまでは中華街初心者
どこで何をどう注文すればいいのか?全く分かりませんでした。

そこで、ビジネスランチは中華街に。
私は今年63歳のシニア、中華街のランチはしつこくなくて胃にもたれないし野菜もたっぷり。
なんと言っても種類が豊富なので毎日でも飽きないのがおすすめランチ。

ランチだったら自分で色々悩まなくても、お店のおすすめとして難しそうな料理も用意されています。
近所の中華屋さんで食べなれたメニューも中華街では一味も二味も違います。
新たな食の発見という楽しさも加わります。それもリーズナブルに。

いきなり夜の部はハードルが高いし、食べ放題のお店も数が多くどこを選べばいいのかが問題ですね。
ランチを究めれば、中国料理の事、お店の特徴や評判、味の好みなど分かってきますので中華街を楽しむ順番としては有効だと思っています。

そんなコンセプトで中華街のランチをシリーズで紹介してきて現在も進行中です。
訪問したお店が30店舗を越したので「おすすめ10選 PART3」ということで前回PART2に続きまとめ記事にしてみました。

こちら簡単なダイジェスト紹介になります。詳細は各リンクからご覧いただけます。
ブログには横浜のレトロでオシャレな喫茶やおみやげもご紹介しています。

スポンサーリンク

東園 上海豫園 11

東園

エビと玉子のチリソース 920円

天長門から関帝廟通りに入って少し歩くと左側にあるのが東園。
白い大理石風の壁、ウッディーな看板に東園の金文字が目印の清潔感漂うお店です。
開店50周年を迎える東園、現在2代目が今までの伝統を守りつつ、新しい料理も提供している横浜中華街で唯一現代名工の称号をいただいている本格中国料理店。

人気店なので、ランチタイムは行列必至。今回少し時間をずらして訪問です。
お店の雰囲気はアットホームでおかあさんも最前線で頑張ってます。
家庭的な雰囲気ですが料理のお味は本格的で、まさしくプロの仕事。

上海豫園

牛肉のオイスター炒め 800円

中山路を大通りから歩いて関帝廟通りを超して少し歩くと右側に上海豫園はあります。真っ赤なビル看板、お店の入り口には黒字にゴールドの上海豫園の文字が誇らしげにおどります。
豫園は上海の有名な庭園、豫は愉を示し、楽しい園という意味だとか。

お店の入り口左側、ウインドウ越しで名物小籠包を作っています。
肉汁じゅわ~の小籠包、チャンピオンが作る美味しすぎる小籠包とポスターでもアピール、自信作です。

ランチは鶏肉とピーナッツのピリ辛炒め、牛肉のオイスター炒め、五目うま煮ご飯、800円でライス、スープ、デザートはもちろんですが、名物の小籠包も付いてきますから、これはお得。

⇩⇩ 詳しくはこちらから ⇩⇩

横浜中華街 ランチを楽しもう その11 東園 上海豫園 桜木町花壇
横浜中華街おすすめランチはお安くお得。今回で11回目となりお店も22件目、何を食べても美味しいと評判の東園、小籠包専門と自信の上海豫園、中華に加えて桜木町ピオシティのレトロな喫茶店花壇も紹介します。東園さんのエビと玉子のチリソースは必見です。

保昌 熊猫飯店 12

保昌

おすすめ定食 海老と玉子炒め 980円

中華街大通りから香港路へ入り関帝廟通りに向かって歩いていくと右手に赤い看板が目に入ってきます。
以前はグリーンの看板だったのですが赤もいいですね、食欲そそられます。
こちらが50年以上の歴史を誇る広東料理の老舗保昌です。

2階は個室やグループ用の円卓の席もありますが、私はボッチランチなので1回のテーブル席。
少し遅めのランチなのでお店も空いてます。ゆったり四人用のテーブルを案内されリラックスモード。
ランチはおすすめ定食が7種、ザーサイ、スープ、春巻き、杏仁豆腐が付いて980円。

豚肉とピーマンの細切り炒め、海老のチリソース、黒酢鶏、海老と玉子炒め、豚肉とキャベツの味噌炒め、麻婆豆腐、ネギそば+半炒飯と定番が用意されています。

熊猫飯店

熊猫飯店
黒酢スブタセット 990円

朝陽門を入り南門シルクロードを朱雀門に向かって歩いていくと右手に橫濱媽祖廟(よこはま まそびょう)が見えてきます。その向かい側、笹の緑をバックに黄色で熊猫飯店のビル看板、パンダと共に目立つので直ぐに見つけることが出来ます。熊猫と書いてパンダ、ぱんだ飯店です。

名前はパンダと可愛いですが、本格的四川料理の腕利きシェフが本場の味をお届けします。
お店の中もパンダがいっぱい、かわいい造りが人気の秘密ですね。ランチのメニューも豊富です。

今週のランチが3種、蒸し鶏肉ネギ油ソースかけ、エビチリ、陳麻婆豆腐がスープ、ザーサイ、デザート付きで780円。日替わりが720円とお得、私が行った木曜日はピーマンと細きり豚肉の炒めでした。
その他、曜日ごとに様々な料理が味わえます。

⇩⇩ 詳しくはこちらから ⇩⇩

横浜中華街 ランチを楽しもう その12 保昌 熊猫飯店 関内 天吉
今回は保昌さんとパンダ飯店に加えて、横浜関内の天ぷらの名店「天吉」さん。こちらはサザンオールスターズ、ハラボーのご実家としてファンの聖地になっているそうです。この夏の酷暑は黒酢スブタ、中華料理でスタミナつけて乗り切りましょう。バランスよい食事は健康の秘訣ですね。

清風楼 蓬莱閣 徳記 13

清風楼

料理は撮影禁止です

大通りから市場通りに入り関帝廟通りに出てすぐ。シウマイの赤い看板が。
ウインドウにはお土産用シウマイ案内とともに池波正太郎さんの記事紹介が飾られています。
2009年の朝日新聞夕刊の記事”池波正太郎の食”にうなる、読者が決める「日本一」は?で清風楼さんは791人の投票を得て第5位にランキングされています。(ウインドウ内の張り出し記事)

昭和20年創業の清風楼さん、こちらは人気店なので行列は必至、席も相席となります。
人気は当然シウマイ、そして炒飯、ヤキメシです。シウマイは一皿4個入り540円、炒飯は並が880円、上はエビ入りで1500円、特はカニ、エビ入りで2000円となっています。

蓬莱閣

チャーハン 焼き餃子2個 1200円

上海路と関帝廟通りの交差する角、大きな餃子のオブジェが蓬莱閣の目印。
入口横の「王」おばあちゃんのポスターと共に、この店の餃子へのこだわりと人気が伝わってきます。
歴史も古く創業は1959年、3代続く老舗。お店の看板も年を経ていい味わい。

赤は少しくすんだくらいの方が落ち着きがあっていいですね。
お店に入って、すぐ左側に洗面台が。昔風で肩の力が抜ける感じですが、今の時代には向いてるかも。
1階はこじんまりとアットホームで落ち着いた感じ。テーブル席が7つ、お二階もあり個室も予約できます。

ランチはライス、スープ、サラダ付きで850円。
エビと玉子のチリソース/豚肉と玉ねぎの黒コショウ炒め/ピーマンと牛肉の炒め/豆腐と野菜のオイスターソース煮/焼き餃5五ケ/蒸し餃子5ケ/以上6種類が用意されています。

徳記

海老ワンタン麺と半チャーハン 850円

関帝廟の斜め向かい、黄色に赤の文字で純広東料理 徳記 とゲート看板があります。
これを目印に関帝廟通りから少し入ると右側に昔懐かしいタイル壁が徳記さん。
赤のれんの廣東料理の文字と黄色看板の特製手打ちそばの文字が懐かしさと食欲をそそります。

改装されていますので清潔感が漂う新しいテーブルはじめ、とてもきれいな店内です。
むかしのお店の様子をご存じの方には、この近代化はある意味ちょっとがっかりかも。
池波さんが訪れていた頃とは別の雰囲気ということになりますが、これも時代の流れですね。

さて、メニューです。週替わりランチとして4種用意されています。
こちらも昔とは違い、どれも他店では見られない本格的な魅力あるオリジナルメニューです。
鶏肉の甘酢掛け/カレー味の骨付き肩ロースフライ/豚肉の細切りとズッキーニ炒め/赤魚のXO醤炒め
これらにスープ、ザーサイ、デザートが付いて790円です。通って順番に食べたい気分。

⇩⇩ 詳しくはこちらから ⇩⇩

横浜中華街 ランチを楽しもう その13 清風楼 蓬莱閣 徳記 池波正太郎さんを偲んで
今回は食通でも知られている歴史小説家の池波正太郎さんを偲んで食のエッセイに掲載されているお店を巡ることにします。当時紹介されてから今もお店が続いている時点でご紹介する3件すべて歴史ある老舗ということ。ラウメン・シウマイ・餃子と昔の味を楽しみます。

清香園 楽園 14

清香園

干しエビと冬瓜の煮込み 715円

大通りから中山路に入り関帝廟方面へ歩いてすぐ左側に黄色い看板が目に入ります。
赤の清香園の文字が輝き、メニューパネルが並びます。手書きのランチメニューボードは必見ですよ。
1階はテーブル席、円卓もあります。2階はパーティーでも使える全て円卓の80名着席宴会可能なスペース。
個室も2ヵ所ありますので商談にも使えますね。店内は広々と清潔感溢れる造りでテーブル間もゆったり。

ランチど真ん中の時間でしたが4人用のテーブルをご案内頂きました。
一人なのに、嫌な顔しないでご案内頂ける気遣いがありがたいです。これが名店の余裕なのか。

シェフ厳選のセットメニューは麺類が中心、炒飯、点心、お新香、杏仁豆腐が付いて850円~950円。
タンタン麺、チャーシュー麺、五目そば、サンマー麺、五目焼きそば、エビ焼きそば、牛バラそばと豊富。

メインにスープ、お新香、点心、デザート付きのサービスランチメニューもあります。
A.干しエビと冬瓜の煮込み、B.麻婆茄子、こちらは715円
C.広東風味付け醤油鶏、D.イカの辛み炒め、こちらは825円

楽園

ランチ カニ玉 700円

善隣門のすぐそば、大通り沿いに少々地味にお店を構えているのが楽園さん。看板も控えめですね。
どこか日本の町中華の雰囲気が漂いホッとする安心感が。冷やし中華もあります。
やさしそうなお母さんが迎えてくれますよ。

ランチはすべて700円でとってもお得、五目うま煮、カニ玉、牛肉とピーマン細切りの定食3種。
このほか、ネギそばとわんたんめんも用意されています。

もつが有名でレバニラ炒めがお勧めなんですが、今日のランチメニューには入っていないのでもう一つの人気メニュー、カニ玉を注文することにしましょう。
メニュー看板には芙蓉蛋(ふようたん)となっています。

⇩⇩ 詳しくはこちらから ⇩⇩

横浜中華街 ランチを楽しもう その14 清香園 楽園 洋食キムラ
今回ご紹介する中華街大通り沿いの楽園さん、中山路の清香園さんは共に美味しいと評判のお店、おすすめです。加えて横浜の歴史を感じさせるキムラさんは浜っ子御用達の洋食屋、ハンバーグやカニクリームコロッケは絶品です。お得なランチですからリーズナブルに楽しめます。

東光飯店 青海星 15

東光飯店

ランチ マーボー茄子 880円

横浜スタジアム側の玄武門から善隣門へ向かい北門通りを行くと右側。
加賀町警察署の前にある鮮やかな赤青黄色と黒に金文字看板がひときわ目をひきます。
以前は本館と別館に分かれて営業していましたが現在はこちら1店舗で営業中。

マスコミでも取り上げられて具沢山の東光チャーハンが人気ですが、定食のランチメニューもあります。
週替わりで4つ、今週はチャーシューと玉子炒め、ニラレバ、こちらは770円、マーボー茄子880円、すぶた990円でスープにごはん、漬物、やわらか杏仁豆腐が付いてきます。

青海星

お勧め定食 青椒肉牛絲定食 990円

関帝廟通りから市場通りに入ってすぐ右側、鮮やかなグリーンでまとめられた看板やパネルが目印の青海星、広東料理のお店でチンハイシンと読み、ペット同伴可能(小型犬)なので、愛犬家の方にも人気です。

青海星、まず名前に惹かれます。青い海の星って何だかロマンチックな感じがしますよね。
辞書で調べてみると、アオヒトデのことで鮮やかなコバルトブルーの大型ヒトデです。
確かに青い☆です。しかし、ヒトデ??イメージとしては違いますね。

青い海の星といえばわれらが地球。お店のグリーンからも自然を大切にする心意気が感じられます。
ヘルシーなメニューと味付けに期待したいところです。

お昼の定食メニューは10種もあり、どれもボリューム満点です。
若いお客さんが多いわけです。

⇩⇩ 詳しくはこちらから ⇩⇩

横浜中華街 ランチを楽しもう その15 東光飯店 青海星 文明堂茶館ル・カフェ
今回はあんかけチャーハンで有名な東光飯店さんと市場通り青海星さんです。加えて伊勢佐木町の横浜文明堂さんル・カフェのカステラをご紹介します。今回頂いたマーボー茄子、青椒牛肉絲いずれも食欲が無い夏の暑い時期でも頂けるありがたいランチメニュー。スタミナつけて午後も仕事がんばりましょう。

横浜中華街 おすすめランチ まとめ10選 PART1 ・2はこちら

⇩⇩ PART1.2 詳しくはこちらから ⇩⇩

横浜中華街 おすすめランチ 10選 毎日通うビジネスマンのお昼ご飯
横浜中華街をお得にお安く満喫したい。中華街に通っている私がおすすめするランチ10選です。どのお店も似たような感じで選ぶのが難しい、中国料理は何を頼んでいいかよく分からないなど、お困りのネタはつきません。でも大丈夫!ランチで問題解決。平日のおいしいお昼ごはんを。
横浜中華街 おすすめランチ まとめ10選 PART2
横浜中華街にはお得なランチを提供しているお店がたくさんあります。ランチで通っている私がおすすめするランチ10選のPART2。PART1と合わせると20件のご紹介です。中国料理は何を頼んでいいかよく分から時はランチ。はずれなし、平日のおいしいお昼ごはんは中華街へ。

⇩⇩ 中華粥はこちら ⇩⇩

横浜中華街 ランチを楽しもう その16 お粥編 謝甜記 安記 馬さんの店 龍仙
このシリーズ、今回は中国粥。中華街での楽しみの一つに中華粥があります。近所の町中華では食べられないお味。揚げパンを入れて好きなトッピングで食べる中国粥は出汁が効いてて奥深い味わいです。ここ横浜中華街でも行列必至の人気店をご紹介します。

⇩⇩ 冷やし中華はこちら ⇩⇩

横浜中華街 ランチを楽しもう 冷やし中華 5選
横浜中華街ランチを楽しもう冷やし中華特集、日本の夏にはなくてはならないメニューですね。醤油だれ、ごまだれ以外にも四川風やバンバンジー冷麺、タンタン冷麺と種類も豊富。併せて神保町の冷やし中華発祥のお店も紹介します。

タイトルとURLをコピーしました