横浜中華街 ランチを楽しもう みんな大好きラーメン&チャーハン その1 東園 生香園 三和樓 

横浜中華街ランチ
photo by ゆう

数ある中華料理の中で、ラーメンとチャーハンは誰からも愛され続けている慣れ親しんだ味。

横浜中華街では、お店によって工夫を凝らした数多くのメニューが用意されています。
お得な「ラーメン&チャーハン」のセットメニューもランチタイムならではの楽しみ。

ランチを楽しもうでは定食シリーズに続き、「みんな大好きラーメン&チャーハン」と題してシリーズで紹介してまいります。
中華街ならではのレアなメニューも。
きっと、あなた好みの味が見つかるはず。

知らない料理を体験できる楽しみと種類が多い中華の知見が深まるランチタイム。
土日祭日とは違い平日の中華街は違った風景、気軽にお得な中華を楽しみます。

スポンサーリンク

東園 タカナチャーハンとラーメン

 D:タカナチャーハンとラーメン 810円

天長門から関帝廟通りに入って少し歩くと左側にあるのが東園。
白い大理石風の壁、ウッディーな看板に東園の金文字が目印の清潔感漂うお店です。

開店50周年を迎える東園、現在2代目が今までの伝統を守りつつ、新しい料理も提供している横浜中華街で唯一現代名工の称号をいただいている本格中国料理店。

本日のランチはA:牛肉とナスのカレー炒め770円、B:細切り豚肉とニンニクの芽の炒め770円、Cマーボードーフ770円、これらは春巻きも付いてこのお値段です。そしてDが今回ターゲットのセットメニュー、タカナチャーハンとラーメンで810円、デザート付きです。

ゆう
ゆう

シニアの私でもセットメニューならチャーハンは半分なので両方の味が楽しめます。

チャーハンにスープは付いてきますが、お腹が空いているときはもの足りません。
そんな時、満足度100%のセットメニューはありがたいです。

シンプルなしょうゆ味でスープは見た目通りの澄んだお味、細麺がしっくりきます。

チャーシューも最近ありがちなペラペラに薄いものではなく厚みはしっかり、お味もジューシーで本格的。

しっかりと炒められたチャーハンに香る高菜の風味がラーメンスープとピッタリ。
ラーメン→スープ→チャーハン→スープ→ラーメン、このルーチンがエンドレス。
合間に、ホウレン草とザーサイを入れて完璧な仕上がりに。

最後にセットで付いてくる杏仁豆腐が食べられるのも町中華とは違う楽しみです。
少々食べ過ぎました、食後の散歩で午後の仕事に備えましょう。

↓↓所在地等お店の情報は過去記事から

横浜中華街 ランチを楽しもう その11 東園 上海豫園 桜木町花壇
横浜中華街おすすめランチはお安くお得。今回で11回目となりお店も22件目、何を食べても美味しいと評判の東園、小籠包専門と自信の上海豫園、中華に加えて桜木町ピオシティのレトロな喫茶店花壇も紹介します。東園さんのエビと玉子のチリソースは必見です。

生香園 本館(馬車道) ワンタンメン

 ワンタンメン 950円

JR根岸線の関内駅そば、馬車道にあるのが生香園です。オーナーは周富輝さん、我々世代はみんなが知ってる「料理の鉄人」に出演していた今は亡き周富徳さんと共に有名。

シニアのランチ、その1では新館をご紹介しました。今回ご紹介するのは馬車道の並びにある本館です。

入口には富輝さんの写真と大きな「周」の看板がありますのですぐに分かります。店内にも大きなポスターや多くの芸能人の写真が貼ってありますが、掃除が行き届きゴチャゴチャ感がなく清潔感があります。

席を案内されると同時に出てくるポットのお茶もありがたいサービス。

麺類のメニュー表にはチャーシュー入り、タンメン、ワンタンメン、そしてつゆそばとして、肉入り、青菜入り、しいたけ入り、とり入り、かにたま入りと多くの麺類メニュー。
ここはシンプルにワンタンメン、950円で。

ゆう
ゆう

スープ本来の味が分かりワンタンの餡で満足感が得られるワンタンメン。
ラーメンジャンルでは外せません。

生香園のワンタンメン、大きなワンタンが5つも入っています。

お肉たっぷりのボリューミーな餡、しっかりしたお味のワンタンは、なかなかお目にかかれない代物。

にも関わらず繊細なラーメンスープの味を邪魔していないところがすごいところです。
少々濃い目のしっかりと出汁のきいたスープがワンタンの味に負けていないといってもいいのかも。

メンマも程よい塩加減でいい仕事しています。もちろん麺も言うことなし。

唐辛子がピリッと効いているところも他店と違うところ。
飽きのこない味という評価がピッタリくるのが、生香園のワンタンメンです。
ごちそうさまでした。

↓↓所在地等お店の情報は過去記事から

横浜中華街 シニアのランチ 食を楽しむ その1 中華街「華都飯店」 馬車道「生香園 新館」
中華街はお店が日替わりランチでシニアにもピッタリな本格的中国料理を設定してくれます。知らない料理を体験できる楽しみと種類が多い中華の知見が深まるという魅力的なランチタイムになります。土日祭日とは違い、平日の中華街は違った風景、お安く気軽に中華を楽しみましょう。

三和樓 エビチャーハン

 エビチャーハン 950円

関帝廟通りの上海路と市場通りの中間あたり、白地に三和樓の金文字が輝いてます。
楕円形の入口も特徴的、両サイドのウインドウも目を引きます。

中華街で昭和37年から営業する上海料理の老舗、もう60年近く営業されているんです。

薄味なのは素材への自信のあらわれ、上海料理らしい海の幸をふんだんに使った料理が自慢。店内も落ち着いた明るい雰囲気で円卓の他、四人掛けのテーブルもあります。

こちらは排骨(パイコー)チャーハンが有名なお店ですが、今日はお肉より海鮮、エビが食べたい気分なのでこちらをセレクト。
上海料理は上海ガニやナマコ、フカヒレと海鮮料理に人気があるので間違いなし。

三和楼

炒飯は五目とエビが950円、パイコーチャーハンは1,150円です。

ゆう
ゆう

運ばれてきたチャーハンにはピカピカの大ぶりのエビが4尾も。
ご飯もパラパラとよく切られており一粒一粒がコーティングされ光ってます。

グリンピースも懐かしくて、いい感じ。
子供の頃、デパートの大食堂で食べたチキンライスを思いだします。
昭和の風景ですね。

またピラフを連想させるマッシュルームもいいです。海老との相性が良いのはアヒージョなどでも実証されていますから。この段階で味にも大いに期待が持てそうな予感です。

やはり海老からいきますか!大きなエビは食感が違います。歯ごたえ十分、下処理がしっかりと施されているので臭みも無く海老本来の旨味が口の中に拡がります。

シンプルな塩と出汁の味付け、薄味ですが物足りなさはありません。
海鮮独特のこくもあり、マッシュルームとの組み合わせがピッタリで上品な味を演出しています。

不完全燃焼なしの満足度が高い海老チャーハン、リピートメニューです。

↓↓所在地等お店の情報は過去記事から

横浜中華街 ランチを楽しもう その18 揚州飯店 三和樓 幸せのパンケーキ
回を重ねてもう18回、ビジネスランチとしてのご紹介店舗も40店舗を超えてきました。今回は中華街大通りにある上海料理を中心として四大中国料理を提供している老舗の揚州飯店、関帝廟通りの上海料理こちらも老舗三和樓、幸せのパンケーキ中華街店をご紹介します。エビチリと貝柱玉子が食欲をそそります。
タイトルとURLをコピーしました